信頼されて60年、北海道函館市およびその近郊の政治・経済の
詳細情報をお届けする『日刊政経』より最新の話題をご紹介します。

2020年
08月 12日
第9125号

命題 大門の再生で函館の再生を
------ 菅野 剛造 

うみ街信金がコロナ禍の影響を特別調査
「影響あり」90%超で「消費不振」が最多
 対策では「生産量・営業時間縮小」「非正規社員の時短」等多彩

資金繰り「やや不安」「かなり不安」54%
コロナ対応型資金支援利用では「既利用」「申請中」が35%

道南地区の求人倍率0・67倍に低下
低下は12カ月連続、求人減少しコロナ禍が新規採用意欲削ぐ事態

道南地区の景況感は厳しい状況続く
道の20年度4〜6月動向調査で地場2信金の景況感発表

6月末市税収納率は33・6%止まり
収入は100億3千万円で前年比3億円減、収納率0・8㌽低下

今年のスルメイカ漁は前年上回る見通し
但し前年は近時最低水準で不漁模様変わらず=国の機関が長期予報

◆市内建築確認
◆増資会社
◆耳と目

HAKODATE HOME